札幌の通信制高校をご紹介します!

シェアする

当サイトでは札幌に範囲を絞って通信制高校に通いたい生徒の皆さん、そしてそのご家族の皆さんに向けて情報を発信しています。

通信制高校に興味があるけど他の高校とどう違うの?高校選びで気をつける点は?オススメの通信制高校はどこ?といった疑問に答えていきます。

通信制高校を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

通信制高校ってどんなとこ

通信制高校とは、名前の通り、「通信を用いて勉強をする高校」です。つまり学校に直接通う機会を減らすことができるのが通信制高校の大きな特徴ですね。

 

さて、そこで皆さんは、通信制高校にどのようなイメージをお持ちでしょうか?中学から不登校で学校に通えない生徒が行くところ、体調が悪くて学校に通えない生徒がいくところ、高校卒業の資格が欲しい社会人が働きながらいくところ・・・

確かにそういった様々なニーズに応えられるのが通信制高校ですし、そういう方もたくさん通っているのは事実。しかし最近では、

  • 自由な校風に惹かれて通う生徒
  • プライベートにも時間を割きたいから通う生徒
  • 単純に楽しそうだから通う生徒

とそのニーズは更に広がっています。

少しネガティブなイメージもあった通信制高校ですが、それもちょっと昔の話といってもよいでしょう。

通信制高校は多種多様

通信制高校と一口に言っても全日制の高校同様、様々なタイプがあります。いいえ、全日制の高校よりも幅があるといっても良いでしょう。

つまりなにが言いたいのかというと、入学を決める前に入念に比較して最適な通信制高校を見つける必要があるということです。

とくに気になるのが学費ではないでしょうか。公立の全日制高校に通うとなればそこまで気になるところではないですが、通信制高校の場合はそうはいきません。

通信制高校にも当然、公立、私立とありますが、その中でもさらに学費に細かい違いが発生する場合があります。というのも通信制高校は、「単位制」の高校。つまり1単位当たりの履修料が大きく関わってきます。

履修料は、本当に様々で7,000円のところもあれば、15,000円のところもあり、さらに卒業には、74単位が必要なので、それだけ授業料の幅が大きくなっていきます。

ほかにも施設費や教材費、補修費など様々な経費が発生するので、入学を決める前に必ず確認をしましょう。

絶対に資料請求をするべき

ウェブを通して高校の授業を受けられる時代なのですから、皆さんも様々な情報を日々ウェブから入手していることでしょう。

通信制高校について検索をすれば山のように情報がヒットしますし、一通りのことはわかるでしょう。

しかし、ウェブサイトを運営している立場でこんなことを言うのもおかしな話ですが、ウェブだけではわからない事実も非常に多いのも確かです。

例えば先ほども触れた学費についても、公式サイトで公開をしていない場合もあるのです。つまりウェブだけでは興味はあるのにどのくらいお金がかかるかわからないという事態も発生しかねません。

そこで重要なのが、資料請求です。どの通信制高校も学校の情報を詳細に記載した資料を用意しており、大半の場合、公式サイトから請求できるようになっています。

また、資料請求はするつもりだが、ウェブで比べて候補を絞ってから資料請求をしようという方も非常に多いですが、実はこれもオススメできません。ウェブではわからなかった、その高校の思わぬメリットを見落としかねないからです。

通信制高校選びで重要なのが、とにかくたくさんの資料を請求してご家族でじっくりと比較検討をすることです。

一括資料請求サービス

さて、学校の公式サイトにアクセスすれば資料請求することができますが、1つ1つアクセスして住所やメールアドレスなどを入力するのは大変な作業です。

そこで活躍するのが、一括資料請求サービスです。例えば下記のズバットのようなサービスを利用すれば、一度の入力で複数の通信制高校の資料を一括請求することができます。

余計な高校の資料も届きそうでなんだか怖い・・・という意見もあるかと思いますが、その心配はいりません。地域を札幌市に絞ることができるため、とても通えないような遠くの学校の資料が届くことはまずありませんし、1つ1つ資料請求する通信制高校を自分で選ぶことができます。

このような一括資料請求サービスは、手間を大きくを省くことができることとは別に、自分がまだ知らない新しい通信制高校を発見できるというメリットがあるのです。これから色々な通信制高校を調べる予定の方にはなおのことオススメできるサービスです。

見学も必ずしよう!

資料請求も大事ですが、やはり実際に足を運ぶこともとても重要です。

本当は見学も多いに越したことは無いのですが、あまりに多いとさすがに大変なので取り寄せた資料で候補を絞って2~3校を見学してみるのが良いでしょう。

生徒だけ、あるいは保護者だけでの見学も可能ですが、なるべくなら親子でおもむいて先生の話を聞くのがオススメです。

またその通信制高校や時期にもよりますが、説明会を開催している場合もあるので積極的に参加するようにしましょう。

見学の可否や日程などは、資料に記載のある窓口から問い合わせて確認しましょう。

通信制高校はこんな人が向いてる

ここでどんな人が通信制高校に向いているのかについても見てみましょう。

通信制高校も以前に比べると非常にカリキュラムも充実してきており、先ほども述べたとおり、「不登校の生徒が行くところ」ではなくなってきています。そのため従来ほど人を選ばなくなってはいるのが実情です。

それを踏まえたうえでとくに向いている人はどんな人なのでしょう。

登校が難しい人

やはり登校日数を減らすことができるという点で様々な事情により登校が難しい人には適した環境なのは間違いありません。

学校やコースによって様々ですが、週に1回や、年に数回の登校だけで卒業ができるものもあります。どうしても学校にいくのがつらいという生徒にはありがたいシステムではないでしょうか。

また、少ない日数で徐々に慣らしていきながら登校日数を増やしていくことも可能ですよ。

働いている人

先ほどもチラッと触れた働きながら高校を卒業したい人にも向いていますね。時間の融通が利くので、仕事と両立をしながら学業に励むことができるのです。

高校卒業認定を手に入れて、進学する人や仕事でのステップアップを目指す人は少なくありません。

自由な高校生活を楽しみたい人

通信制高校は、ほかの高校に比べて校風が自由であることが多いです。そのため髪の毛を染めてオシャレをしたい、私服で登校したいという理由で通信制高校を選ぶ人もいます。

自由なのはいいけどせっかくなら制服も着たいという人もご安心を。義務化はしていないものの制服を用意している通信制高校もたくさんあります。人気ブランドと提携して制服をデザインしている高校もあるほどです。

自由とはいえ最低限の校則はあるのでその点はご注意くださいね。

やりたいことがある、でも高校は卒業したい人

通常の高校だと週5日間、朝から夕方まで拘束されてしまいます。そのためやりたいことがあっても高校に通いながらではなかなか取り組めません。

その点、通信制高校は自分で時間の管理ができるので、趣味や将来への準備など、やりたいことにとことん打ち込みながら高校を卒業することができます。

将来の夢に役立つ専門授業を受けたい人

通信制高校には、様々な専門授業が用意されていることが多いのも1つの強みです。

高校によっては、美容、芸能、IT・プログラミング、デザイン、スポーツなどその分野は様々です。通常の高校では決して学べない授業ばかりです。

やりたいことが決まっている人、やりたいことを見つけたい人にはうってつけだといえますね。

ただし全ての通信制高校がこのような授業を用意しているわけではないので、事前に用意されているコースを確認しましょう。

まとめ

さて、通信制高校とはどんなところなのか?少しでも理解は深まりましたでしょうか?

今、通信制高校を選んでいるという生徒さんや保護者の方は、とにかく多くの高校を比較して必ず資料請求をするという点を念頭に置いておきましょう。そして、今は、一括資料請求サービスという大変便利なものがあるということも。見学も忘れずに行きましょう。

そして最近では、通信制高校に進学するという選択肢もかなり一般的になってきましたが、それでもとくに通信制高校が向いているのが

  • 登校が難しい人
  • 働いている人
  • 自由な高校生活を楽しみたい人
  • やりたいことがある、でも高校は卒業したい人
  • 将来の夢に役立つ専門授業を受けたい人

です。様々なニーズに応える通信制高校ですが、しっかりと検討して決して後悔のないよう、自分に合った高校を見つけてくださいね。

札幌の通信制高校一覧

学校名 電話 住所
NHK学園高等学校 まなびや札幌(札幌市中央区) 011-211-6745 〒060-0032 北海道札幌市中央区北2条東1丁目5-2 イーホライズン北2条3階3C号室
NHK学園高等学校 北海道有朋高校(札幌市北区) 0120-451-424 〒002-8504 北海道札幌市北区屯田9条7丁目
トライ式高等学院 札幌キャンパス(通信制高校・サポート校) 0120-919-439 〒060-0809 北海道札幌市北区 北9条西4-10-3 エスターNガレリアビル2F
パクスミュージックスクール・合同会社パクス 011-561-2656 〒064-0805 北海道札幌市中央区 南5条西8丁目 9-2セントラルプラザ2F
ヒューマンキャンパス高等学校 札幌駅前学習センター 0120-068-603 〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西2丁目1−13 NC北専北三条ビル
ヒューマンキャンパス高等学校 札幌大通学習センター 0120-068-603 〒060-0061 北海道札幌市中央区南一条西5-7-1 豊川南一条ビル6F
フリースクール札幌自由が丘学園 011-743-1267 〒060-0908 北海道札幌市東区3 北8条東1丁目3−10
ルネサンス・アカデミー株式会社 ルネサンス高等学校 札幌受付・相談センター 0120-816-737 〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西5丁目20 郵政福祉札幌第一ビル
学校法人恭敬学園 北海道芸術高等学校 札幌サテライトキャンパス 011-622-5010 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西19丁目1−27
学校法人三幸学園 飛鳥未来高等学校 札幌キャンパス 011-640-8755 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西17丁目1−15
学校法人青森山田学園 青森山田高等学校 広域通信制課程 札幌校 011-825-4509 〒062-0911 北海道札幌市豊平区旭町4丁目1−40
学校法人創志学園 クラーク記念国際高等学校 札幌大通キャンパス 011-233-5515 〒060-0041 北海道札幌市中央区大通東8丁目1−61
学校法人創志学園 クラーク記念国際高等学校 札幌白石キャンパス 011-867-6216 〒003-0029 北海道札幌市白石区平和通2丁目北11-18
学校法人池上学園 池上学院高等学校 011-811-5297 〒062-0903 北海道札幌市豊平区豊平3条5丁目1−38
学校法人酪農学園 とわの森三愛高等学校 011-386-3111 〒069-0836 北海道江別市文京台緑町569
札幌科学技術専門学校高等課程 011-748-3888 〒065-0024 北海道札幌市東区北24条東1丁目3-12
鹿島朝日高等学校 011-206-4543 〒060-0031 北海道札幌市中央区北一条東1-4-1 サン経成ビル402
松陰高等学校 札幌中央学習センター 050-7534-0312 〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西5丁目2-3 札幌公務員受験学院ビル6階
星槎国際高等学校 札幌北学習センター 011-700-3830 〒001-0011 北海道札幌市北区北11条西4丁目2-3
星槎国際高等学校 本部校 011-899-3830 〒004-0014 北海道札幌市厚別区もみじ台北5丁目-12-1 星槎札幌もみじキャンパス2F
代々木アニメーション学院高等部 011-222-1491 〒060-0063 北海道札幌市中央区南三条西6-3-2
第一学院高等学校 札幌キャンパス 011-756-8588 〒060-0807 北海道札幌市北区北7条西4丁目4−1 第五北海道通信ビル5階
東海大学付属望星高等学校 北海道校 011-572-6578 〒005-8602 北海道札幌市南区南沢517-1-1
飛鳥未来きずな高等学校 札幌キャンパス 011-221-5631 〒060-0001 北海道札幌市中央区北一条西19丁目1-6
北海道有朋高等学校 011-773-8200 〒002-0859 北海道札幌市北区屯田9条7丁目5